リヴィエラを撃て 下

新潮文庫 たー53-5 新潮文庫

高村 薫

1997年6月30日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

CIAの『伝書鳩』とともに、父の仇である『リヴィエラ』を追っていたジャック。複雑怪奇な諜報機関の合従連衡。二重・三重スパイの暗躍。躍らされる者たち。味方は、敵は誰か。亡命中国人が持ち出した重要書類とは?ジャック亡き後、全ての鍵を握るピアニストは、万感の思いと、ある意図を込めて演奏会を開く。運命の糸に操られるかのように、人々は東京に集結する。そして…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.47

読みたい

3

未読

11

読書中

0

既読

40

未指定

60

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

pandax

登場人物の人間的魅力の描写が素晴らしい

starstarstarstar
star
4.6 2018年02月19日

正義とか、血統とか、運命とか。どうにもできない大きな流れの中にありながら、それでもそれぞれの決断をしていく登場人物たちが、強くて悲しくて痛々しい。 危険だとわかっていても止められない流れ。失いたくないからこそとる距離。伝わってしまう気持ちや共鳴してしまう魂。読みながら、どうして、と思うと同時に納得もちゃんとできているという不思議な気持ちになる。 骨太な筋書きはもちろんのこと、多数の登場人物がそれぞれに魅力的に描かれているところも、素晴らしかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください