照柿(下巻)

新潮文庫

高村 薫

2011年8月30日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

野田達夫を次第に追いつめてゆくのは工場での果てなき労働、そして不眠…。一方、合田雄一郎は佐野美保子を欲するあまり、常軌を逸しはじめた自分に気付く。十八年前に分かれたはずの人生が、なぜ再び交わってしまったのか!意志もなく踏み出された数歩。生命を失った物体が深夜にごろりと転がった。一睡もできぬほど暑い夏の出来事だった。照柿ーそれは断末魔の悲鳴の色。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.55

読みたい

1

未読

6

読書中

0

既読

37

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください