舞姫通信

新潮文庫 新潮文庫

重松 清

1999年4月30日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ラストシーンは、もう始まっているのかもしれない。人は、誰でも、気づかないうちに人生のラストシーンを始めている。17歳で死んだ「自殺志願」のタレント城真吾にとっては、16歳は晩年だった。城真吾は教えてくれた。人は死ねる。いつ。いつか。いつでもー。でも、僕は思う。僕の教え子の君たちの「いつか」が、ずっとずっと、遠い日でありますように。教師と、生徒と、生と死の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.73

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

50

未指定

42

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

重松清「舞姫通信」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください