村上海賊の娘(第2巻)

新潮文庫

和田竜

2016年6月28日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天下統一に乗り出した織田信長が、大坂本願寺を攻め立てていた天正四年。一向宗の門徒たちは籠城を余儀なくされていた。海路からの支援を乞われた毛利家は、村上海賊に頼ろうとする。織田方では、泉州淡輪の海賊、眞鍋家の若き当主、七五三兵衛が初の軍議に臨む。武辺者揃いの泉州侍たち。大地を揺るがす「南無阿弥陀仏」の大合唱。難波海で、景が見たものはー。激突の第二巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(51

starstarstarstar
star
4.04

読みたい

21

未読

80

読書中

5

既読

406

未指定

315

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

yuitan_58

織田軍vs門徒

starstarstar 3.0 2017年05月14日

一戦がメインなので展開自体はほとんど変わらない 眞鍋や沼間の活躍、雑賀の鉄砲衆、頼龍のご乱心、極め付けは信長の圧倒的オーラ これからの3〜4巻の展開にワクワクしてしまう前哨戦だ 景は相変わらず猪突猛進だねw

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください