キッチン

新潮文庫

よしもとばなな

2002年7月31日

新潮社

473円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思うー祖母の死、突然の奇妙な同居、不自然であり、自然な日常を、まっすぐな感覚で受けとめ人が死ぬことそして生きることを、世界が不思議な調和にみちていることを、淋しさと優しさの交錯の中であなたに語りかけ、国境も時もこえて読みつがれるロング・ベストセラー、待望の定本決定版。“吉本ばなな”のすべてはここから始まった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(31

starstarstarstar
star
4.09

読みたい

69

未読

27

読書中

6

既読

380

未指定

199

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

よしもとばなな「キッチン」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.6 2020年07月01日

優しい本。良かった。、

全部を表示

Readeeユーザー

カツ丼

-- 2020年03月16日

恋人から愛読書を借りた。 人から本を借りる時、片隅に持ち主の顔がちらつくものだ。 特に恋人であれば、尚更。 この作品の中では、どの家庭にも必ずある、ごくありふれた日常風景である"台所"を当たり前のものとしない。 日常は必ずではなく、流動的に変化していくものであると示してくれている。それは私たちの関係も同じだろう。 きっと今ある家族も日常もきっといつかは終わる。終わるけれどもきっと消えるものではないし、誰かの頭の中に残り続けるのだ。 きっと私も恋人と家庭を作り、今ある家族の形は新しい家族の形になるのだろう。悲しいことも喪失感に襲われる時もあるだろう。その時には一緒にお腹を空かせてカツ丼を食べに行きたい、そこに救いが有るだろうから。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください