模倣犯(2)

新潮文庫

宮部みゆき

2005年12月31日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

鞠子の遺体が発見されたのは、「犯人」がHBSテレビに通報したからだった。自らの犯行を誇るような異常な手口に、日本国中は騒然とする。墨東署では合同特捜本部を設置し、前科者リストを洗っていた。一方、ルポライターの前畑滋子は、右腕の第一発見者であり、家族を惨殺された過去を負う高校生・塚田真一を追い掛けはじめたー。事件は周囲の者たちを巻込みながら暗転していく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(30

starstarstar
star
3.81

読みたい

10

未読

50

読書中

0

既読

407

未指定

289

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年10月11日

事件解明が進むのかと思ったら犯人視点から同じ話。こういう構成と初めて知った。これはこれで面白い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください