塩壷の匙

新潮文庫

車谷長吉

1995年11月30日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

吉祥天のような貌と、獰猛酷薄を併せ持つ祖母は、闇の高利貸しだった。陰気な癇癪持ちで、没落した家を背負わされた父は、発狂した。銀の匙を堅く銜えた塩壷を、執拗に打砕いていた叔父は、首を縊った。そして私は、所詮叛逆でしかないと知りつつ、私小説という名の悪事を生きようと思った。-反時代的毒虫が二十余年にわたり書き継いだ、生前の遺稿6篇。第6回三島由紀夫文学賞。芸術選奨文部大臣新人賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.5

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

6

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2020年10月25日

使われている漢字の豊富さ 膨大な他面に亘る知識、教養が随所に現れてくる

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年05月24日

使われている漢字の豊富さ 膨大な他面に亘る知識、教養が随所に現れてくる

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください