京奉行 長谷川平蔵

八坂の天狗

新潮文庫

秋月 達郎

2017年3月1日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸から京都西町奉行所に赴任した長谷川平蔵。京の町では、麝香を焚いて家人を眠らせて盗みを働き、その場に花札を残していく謎の盗賊「八坂天狗」が跳梁していた…。表題作のほか、平蔵の息子で、若き日の“鬼平”、銕三郎が活躍する「伏見の白狐」、親子の情愛を描いた「十三参り」の二編を収録。初午、清水詣など四季折々の京の風物を背景に、初代長谷川平蔵の活躍を描く好評シリーズ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

6

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください