ふがいない僕は空を見た

新潮文庫

窪美澄

2012年10月31日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだがー。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と二人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。R-18文学賞大賞、山本周五郎賞W受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(33

starstarstar
star
3.25

読みたい

65

未読

31

読書中

3

既読

295

未指定

186

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

窪美澄「ふがいない僕は空を見た」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年09月24日

ひとりの登場人物にスポットを当てて、各章ごとにかかれていました。 衝撃的な斉藤君の不倫。 関わる人それぞれが、どういう角度で見ているのか、感じることが面白かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください