幻世の祈り

家族狩り第1部

新潮文庫

天童荒太

2004年2月29日

新潮社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

高校教師・巣藤浚介は、恋人と家庭をつくることに強い抵抗を感じていた。馬見原光毅刑事は、ある母子との旅の終わりに、心の疼きを抱いた。児童心理に携わる氷崎游子は、虐待される女児に胸を痛めていた。女子高生による傷害事件が運命の出会いを生み、悲劇の奥底につづく長き階段が姿を現す。山本賞受賞作の構想をもとに、歳月をかけて書き下ろされた入魂の巨編が、いま幕を開ける。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstarstar
star
4.28

読みたい

4

未読

10

読書中

1

既読

72

未指定

76

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください