絶影の剣

日向景一郎シリーズ3

新潮文庫

北方 謙三

2002年10月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

薬草種を届けに奥州・一関を訪れた日向景一郎は、医師・丸尾修理と共に、疫病のため封鎖された山間の小村に向かった。そこで眼にしたものは、水に毒を盛られ、脱出を図って斬り殺された村人たちの無惨な屍の山ー。隠し金山を守るため、藩が村を壊滅させようとしているのだ。圧倒的な戦力で襲いかかる藩兵たちに、景一郎の怒涛の妖剣がうなりをあげる!強腕の剣士シリーズ第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

6

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください