レベッカ 上

新潮文庫 新潮文庫

デュ=モーリア / 茅野美ど里

2008年3月31日

新潮社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ゆうべ、またマンダレーに行った夢を見たーこの文学史に残る神秘的な一文で始まる、ゴシックロマンの金字塔、待望の新訳。海難事故で妻を亡くした貴族のマキシムに出会い、後妻に迎えられたわたし。だが彼の優雅な邸宅マンダレーには、美貌の先妻レベッカの存在感が色濃く遺されていた。彼女を慕う家政婦頭には敵意の視線を向けられ、わたしは不安と嫉妬に苛まれるようになり…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

24

未読

11

読書中

1

既読

31

未指定

68

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

眺 良太郎

ミステリー&サスペンスだけではない深遠な意味が

starstarstarstarstar 5.0 2022年03月23日

デュ・モーリアの代表的なミステリーかつサスペンス。ドキドキするミステリーとしての醍醐味だけでなく、何かもっと深い意味が込められているように思う。レベッカは、旧約聖書の創世記に登場するアブラハムの子イサクの妻。その名に隠された意味があるのでは。(上下共通)

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください