カラマーゾフの兄弟 下

新潮文庫 新潮文庫

ドストエフスキー

2004年1月31日

新潮社

1,045円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

父親殺しの嫌疑をかけられたドミートリイの裁判がはじまる。公判の進展をつうじて、ロシア社会の現実が明らかにされてゆくとともに、イワンの暗躍と、私生児スメルジャコフの登場によって、事件は意外な方向に発展し、緊迫のうちに結末を迎える。ドストエフスキーの没する直前まで書き続けられた本書は、有名な「大審問官」の章をはじめ、著者の世界観を集大成した巨編である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

35

未読

34

読書中

0

既読

78

未指定

114

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください