アントニーとクレオパトラ

新潮文庫 新潮文庫

シェイクスピア

1972年3月7日

新潮社

539円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

シーザー亡き後、ローマ帝国独裁の野望を秘めるアントニーはエジプトの女王クレオパトラと恋におちる。妖女の意のままになったアントニーはオクテイヴィアスとの大海戦に敗れ、クレオパトラ自殺の虚報を信じて自殺する…。多様な事件と頻繁な場面転換を用い、陰謀渦巻くローマ帝国を舞台に、アントニーとクレオパトラの情熱と欲情を描いて四大悲劇と並び称される名作である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.83

読みたい

1

未読

6

読書中

0

既読

11

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください