北回帰線改版

新潮文庫

ヘンリ・ミラー / 大久保康雄

2005年8月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“ぼくは諸君のために歌おうとしている。すこしは調子がはずれるかもしれないが、とにかく歌うつもりだ。諸君が泣きごとを言っているひまに、ぼくは歌う。諸君のきたならしい死骸の上で踊ってやる”その激越な性描写ゆえに長く発禁を免れなかった本書は、衰弱し活力を失った現代人に最後の戦慄を与え、輝かしい生命を吹きこむ。放浪のパリ時代の体験を奔放に綴った記念すべき処女作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.25

読みたい

5

未読

4

読書中

0

既読

10

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください