蝶々と戦車/何を見ても何かを思いだす

ヘミングウェイ全短編 3

新潮文庫

アーネスト・ヘミングウェイ / 高見浩

1997年3月30日

新潮社

1,034円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

炸裂する砲弾、絶望的な突撃。凄惨極まる戦場で、作家の視線が何かを捉えたー1937年、ヘミングウェイはスペイン内戦を取材、死を垣間見たこの体験が、以降の作品群に新たな光芒を与えることになる。「蝶々と戦車」を始めとするスペイン内戦ものに加え、自らの内面を凝視するラヴ・ストーリー「異郷」など、生前未発表の7編を含む全22編。遺族らの手による初の決定版短編全集、完結編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

5

未読

9

読書中

0

既読

2

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください