エッジウェア卿殺人事件

新潮文庫

アガサ・クリスティー / 蕗沢忠枝

1990年4月1日

新潮社

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ポワロはカーロッタ・アダムズの芝居を楽しんでいた。舞台の出来は上々で、特に各界の有名人の物真似は秀逸だった。奇しくも、その晩ポワロは形態模写をされた当人、ジェーン・ウィルキンスンから離婚に応じない夫を説得して欲しいと依頼される。ところがその夫、エッジウェア卿殺害事件が発生。さらにカーロッタも変死を遂げてしまう。連続殺人の謎のポワロの灰色の脳細胞が挑む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください