雪のひとひら

新潮文庫 新潮文庫

ポール・ギャリコ / 矢川 澄子

2008年11月27日

新潮社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ある寒い日、雪のひとひらは生まれた。地上に舞いおりたときから、彼女の長い旅がはじまった。伴侶となる雨のしずくとの出会い、新たな命の誕生。幸福なときも試練のときも、彼女は愛する者のために生きた。やがて訪れた、夫との永遠の別れ、子どもたちの門出。雪のひとひらは、その最期の瞬間、自らの生の意味を深く悟るー。自然の姿に託して女性の人生を綴る、優しく美しい物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

14

未読

10

読書中

0

既読

33

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年12月05日

・私が世界のためにあるのか、世界が私のためにあるのか ・絶望と苦難からの承認欲求 ・創造主の意図のまにまに ・大人の童話のようだった ・人生のメタファー➡︎💬割と平凡な

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください