儚い羊たちの祝宴

米澤穂信

2008年11月30日

新潮社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は、更にその上をいく、「ラスト一行の衝撃」に徹底的にこだわった連作集。古今東西、短編集は数あれど、収録作すべてがラスト一行で落ちるミステリは本書だけ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstar
star
3.62

読みたい

3

未読

7

読書中

1

既読

118

未指定

71

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstarstar
4.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

書き方が上手い。

starstarstar
star
3.3 2021年06月19日

久しぶりに米澤穂信のを読んだけど、やっぱり文章の書き方が上手いなぁと思った。こらからどうなるの!?っていう雰囲気の作り方は才能だなぁ…。ただ、凄く心に残る作品かと言われるとちょっと…というところでの3.3。

全部を表示

hutaki58love

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2017年11月15日

この短編集の中で最も最後にはあっ!?と思って冒頭から読み返したのは『玉野五十鈴の誉れ』ですね……。初めて読んだ時の、最後の一文だけでゾワゾワしたのは良い思い出です。ミステリー好きでこの短編集を読んだことのない方、このレビューをもしご覧になりましたら、お近くの書店かインターネットなどで、是非一度お手にとってみてください。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください