葬られた王朝

古代出雲の謎を解く

梅原猛

2010年4月30日

新潮社

2,420円(税込)

人文・思想・社会

ヤマタノオロチや因幡のシロウサギなどで知られる出雲神話、それは天皇家につながるアマテラスの系譜とは別個の、スサノオを祖としたもう一つの王家の物語である。もしこの王朝が歴史的に実在するものであったなら…『隠された十字架』『水底の歌』以来の、日本古代史を塗り替える衝撃的な論考。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.45

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

とも

(無題)

starstar
star
2.9 2018年02月08日

著者の梅原猛今から40年前に書いた本の内容が、その後、荒神谷遺跡や加茂岩倉遺跡が発見され、間違いであることが明らかになったことから、学者としての良心に駆られて昨年、84歳の時に書き下ろしたものである。内容は出雲文化の存在が前2箇所の遺跡によって、証明されたわけだから、出雲神話、古事記を下敷きにしたフィールドワークの記録である。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください