心に龍をちりばめて

白石一文

2007年10月31日

新潮社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

誰もが振り返るほどの美貌をもてあます34歳のフードライター・小柳美帆は政治部記者・丈二との結婚を控えたある日、故郷の街で18年ぶりに幼馴染みの優司と再会する。幼い日、急流に飛び込み、弟の命を救ってくれた彼は今では背中に龍の彫り物を背負っていたー。出生の秘密、政界への野望、嫉妬と打算に塗れる愛憎、痺れるほどの痴情、そして新しい生命の誕生ーラストシーンが切なく鋭く胸を衝く、注目の著者の新境地。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.5

読みたい

2

未読

1

読書中

2

既読

14

未指定

2

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstarstar
4.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください