ローマ人の物語(7)

塩野七生

1998年9月30日

新潮社

3,740円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

ティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロー帝政を構築したアウグストゥスの後に続いた四人の皇帝は、人々の痛罵を浴び、タキトゥスら古代の史家からも手厳しく批判された。しかしながら帝政は揺るがず、むしろその機能を高めていったのはなぜか。四皇帝の陰ばかりでなく光も、罪のみならず功も、余すところなく描いて新視点を示した意欲作。ローマ史を彩る悪女・傑女も続々登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.8

読みたい

1

未読

8

読書中

0

既読

14

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください