両性具有の美

白洲正子

1997年3月25日

新潮社

2,750円(税込)

小説・エッセイ

色即是空を体現した、ひとつの美学。古事記から源氏、西行や南方熊楠、そして世阿弥。穏やかな自然に恵まれた日本には、両性具有という思想を育む豊かさがあった。古典から近世までの文学・美術、薩摩稚児といった風習など、多彩な素材を自由に行き来しつつ、西洋とは本質的に異なる、やまと文化の一つの美学を軽やかに論じる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

161

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください