仮想儀礼(上)

篠田節子

2008年12月31日

新潮社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

信者が三十人いれば、食っていける。五百人いれば、ベンツに乗れるー作家になる夢破れ家族と職を失った正彦と、不倫の果てに相手に去られホームレス同然となった矢口は、9・11で、実業の象徴、ワールドトレードセンターが、宗教という虚業によって破壊されるのを目撃する。長引く不況の下で、大人は漠然とした不安と閉塞感に捕らえられ、若者は退屈しきっている。宗教ほど時代のニーズに合った事業はない。古いマンションの一室。借り物の教義と手作りの仏像で教団を立ち上げた二人の前に現れたのは…。二十一世紀の黙示録的長篇サスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

5

読書中

0

既読

6

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください