緋の河

桜木 紫乃

2019年6月27日

新潮社

2,200円(税込)

小説・エッセイ

男として生まれた。でも、きれいな女の人になりたいなー。蔑みの視線ー。親も先生も、誰に何を言われても関係ない。「どうせなるのなら、この世にないものにおなりよ」その言葉が、糧になった。生まれたからには、自分の生きたいように、生きてやる。リスペクトがあるからこそ、想像力のリミッターを解除できた。事実と虚構の化学反応が生み出す、過酷で、美しく、孤独で、切なく、劇的で、潔く、笑えて、泣ける、ザッツ・エンターテインメント!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.81

読みたい

14

未読

1

読書中

2

既読

31

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

とも

(無題)

starstarstar 3.0 2020年09月18日

オネエキャラは今でこそTVを通してお茶の間にあっても当然のような顔をしているが、美輪明宏やカルセール麻紀の時代は大変であったに違いない。LGBTはいつの時代にも一定数が存在した。そして彼らは常に差別の対象であった。本書はカルセール麻紀をモデルとした小説である。幼少期から性転換手術を受ける事を宣言するまでが描かれている。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください