オーシティ

木下半太

2011年2月28日

新潮社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

大混乱の嘘つきゲームが終わった時、立っているのは果たして誰だ?ラストは呆然、そして涙のどんでん返し。劇団「ニコルソンズ」を主宰する著者が、大阪への愛と幻想を全開にした傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください