逃亡

帚木蓬生

1997年5月31日

新潮社

2,750円(税込)

小説・エッセイ

故国が終戦と同時に憲兵に牙をむいた。日本のために諜報活動に明け暮れた報いが、「戦犯」の二文字だったー。身分を隠し名を偽り、命からがら辿り着いた故国も、人身御供を求めて狂奔していた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください