ニュータウンは黄昏れて

垣谷美雨

2013年1月31日

新潮社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

バブル崩壊前夜、4LDKの分譲団地を購入した織部家。都心から1時間、広大な敷地には緑があふれ、「ニュータウン」と持て囃されたが、築30年を過ぎ、母の頼子は理事会で建替え問題に直面。が、議論は住民エゴの衝突で紛糾、娘の琴里は資産家の息子と出会い、一家は泥沼からの脱出を夢見る…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.87

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

44

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください