シスト

初瀬 礼

2016年4月22日

新潮社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

フリーのビデオジャーナリスト・御堂万里菜は、チェチェンでの戦場取材から帰国後、若年性認知症と診断される。ショックを受けながらも逆境を逆手にとり、自らのドキュメンタリー番組を企画するが、病状の進行は緩やかで、取材は停滞していた。そんな折、タジキスタンで原因不明の感染症が発生する。それは、感染から約1ヶ月で死に至り、特効薬もないという恐ろしい病だった。所属会社の後輩と共に、万里菜はタジキスタン取材に赴くことになるがー。圧倒的リアリティとダイナミズムで描く、読み応え満点の社会派サスペンス!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.5

読みたい

0

未読

6

読書中

0

既読

10

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年12月09日

抜群に面白い。大晦日 風邪でぶっ倒れて大掃除もできないので、一気読み。 ロシアと日本のハーフの御堂万里菜 がジャーナリストとして、チェチェンに取材に入るところから始まり、若年性アルツハイマーを発症する ロシア人の父がKGBで…と言ったストーリー

全部を表示

Readeeユーザー

面白い

starstarstar
star
3.5 2018年09月17日

ついつい電車乗るときマスクしてしまう。

全部を表示

Readeeユーザー

面白い

starstarstar
star
3.5 2018年08月05日

ついつい電車乗るときマスクしてしまう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください