枕詞はサッちゃん

照れやな詩人、父・阪田寛夫の人生

内藤 啓子

2017年11月30日

新潮社

1,760円(税込)

人文・思想・社会

「今日から俺をオジサンと呼べ」。離婚して新しい妻と子供ができた時に備えた父から、ある日突然指令が下った。家族の恥部も全て創作のネタにするひねくれ者に、なぜあんなに優しい詩が書けたのだろうー。童謡「サッちゃん」の作者のハチャメチャな人生。爆笑必至の“変父”論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください