幻の祭典

逢坂剛

1993年5月25日

新潮社

1,708円(税込)

小説・エッセイ

一九三六年、スペイン内戦前夜。ナチス主導のベルリン五輪に対抗して、バルセロナの地で計画が進められていたという幻のオリンピック-。一九二二年、バルセロナ五輪が開幕を間近に控えたころ、遥か東方から「幻」を発掘すべく、二人の日本人が訪れた。半世紀の歳月の彼方に見え隠れする真実。暴けば暴くほど、行く手に謎の妨害者が現われて…。ベルリン、バルセロナ、東京を結び、五十年のタイム・スパンで贈る、逢坂サスペンスの超大作一千枚。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください