額田王(ぬかたのおおきみ)の暗号

藤村由加

1990年8月1日

新潮社

1,335円(税込)

人文・思想・社会

大和三山、朝鮮半島の三韓、さらには額田王をめぐる中大兄皇子と大海人皇子の三角関係ー。額田王の麗わしい万葉歌を、中国語・韓国語で解読すると、不思議な三の呼応が現われた。大化改新、白村江の大敗、壬甲の乱…うち続く動乱の季節に権力の中枢近く身を置いた額田王は、自らの歌に危険なトライアングルを織り込んでいた。政治色濃厚なその暗号歌のメッセージとは何なのか?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください