岬へ

伊集院静

2000年10月31日

新潮社

2,200円(税込)

小説・エッセイ

東京の大学へ入学した高木英雄を見舞う過酷すぎる事ども。変わり果てた筧浩一郎との再会。父斉次郎との決裂。「高木の家」との決別。はじめての狂おしい恋。荒れ狂う海と弟正雄。衝撃、失意、絶望-。傷つき果てた心と体を引きずって、青年は旅に出る。岬をめざして。著者自らの見た光景に哀しみを載せ、美しくも烈しかった青年期を写す「海峡」第三部青春編。伊集院文学の金字塔、堂々の完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください