女神(じょしん)

久世光彦

2003年6月25日

新潮社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

あのころ“文壇”というものがあった。そこには、才能に溢れ見栄っぱりで無頼で友情に篤い文士たちがいた。あたしは十六の時から彼らに愛され、求められ、他の男へと奪われ続け、結局誰のものにもならなかった-。誰をも惹きつける魔性の魅力で銀座に生き、自ら死を選び伝説と化した女ムウちゃんこと坂本睦子を多面的に捉えた渾身の長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください