抱く女

桐野夏生

2015年6月30日

新潮社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

「抱かれる女から抱く女へ」とスローガンが叫ばれ、連合赤軍事件が起き、不穏な風が吹き荒れる七〇年代。二十歳の女子大生・直子は、社会に傷つき反発しながらも、ウーマンリブや学生運動には違和感を覚えていた。必死に自分の居場所を求める彼女は、やがて初めての恋愛に狂おしくのめり込んでいくー。著者渾身の傑作小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.25

読みたい

10

未読

3

読書中

0

既読

28

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください