ペンギンの憂鬱

Crest books

アンドレイ・クルコフ / 沼野恭子

2004年9月30日

新潮社

2,200円(税込)

小説・エッセイ

恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を書く仕事を始めたが、そのうちまだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書いておく仕事を頼まれ、やがてその大物たちが次々に死んでいく。舞台はソ連崩壊後の新生国家ウクライナの首都キエフ。ヴィクトルの身辺にも不穏な影がちらつく。そしてペンギンの運命は…。欧米各国で翻訳され絶大な賞賛と人気を得た、不条理で物語にみちた長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.7

読みたい

11

未読

9

読書中

4

既読

15

未指定

20

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

アンドレイ・クルコフ「ペンギンの憂鬱」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください