髑髏は長い河を下る

新潮ミステリ-倶楽部

森山清隆

1996年6月20日

新潮社

1,922円(税込)

小説・エッセイ

関東平野を潤すその大河の波間を、死体のパーツがゆっくりと下っていった。水源に怖るべき秘密があることを告げるために…。髑髏が明るみに出した人気ミネラルウォーターにまつわる大疑惑。間髪を入れず、首都圏住民を人質にした大がかりな脅迫が始まった。俊英のディテクティヴ長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください