とりかへばや、男と女

新潮選書

河合隼雄

2008年8月31日

新潮社

1,430円(税込)

人文・思想・社会

性が入れ替わったまま成長する男女を描いた、異色の王朝文学『とりかへばや物語』。かつて「淫猥」と評されたこともあった物語には、「性の境界」をめぐる深いテーマが隠されていた。男らしさと女らしさ、自我とエロス、性変換と両性具有ー深層心理学の立場から、ジェンダーと性愛の謎を解き明かすスリリングな評論。河合隼雄が遺した名著、選書版で登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください