知らざあ言って聞かせやしょう

心に響く歌舞伎の名せりふ

新潮新書

赤坂 治績

2003年7月19日

新潮社

814円(税込)

エンタメ・ゲーム / 新書

歌舞伎の神髄は「名せりふ」にありー。かつて歌舞伎は娯楽の中心であり、今に残る「名せりふ」は、歌舞伎を支え続けた庶民が培ってきた、日本文化の結晶に他ならない。近松門左衛門から、鶴屋南北、河竹黙阿弥まで。忘れられかけた日本人の心が詰まった四十一の名せりふ。せりふが分かると、歌舞伎がより楽しくなる。巻末に「歌舞伎の台本とせりふ」の概説をつけ、歌舞伎の入門書としても役立つ一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

よしくに

(無題)

-- 2020年08月12日

色茶屋、引手茶屋、出会い茶屋、料理茶屋、芝居茶屋 今の日本のカフェ文化

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください