間抜けの構造

新潮新書

ビートたけし

2012年10月31日

新潮社

748円(税込)

小説・エッセイ / 新書

見渡せば世の中、間抜けな奴ばかり。どいつもこいつも、間が悪いったらありゃしない。“間”というものは厄介で、その正体は見えにくいし、コントロールするのも難しい。けれど、それを制した奴だけが、それぞれの世界で成功することができるんだよー。芸人、映画監督として、これまでずっと“間”について考え格闘してきたビートたけしが、貴重な芸談に破天荒な人生論を交えて語る、この世で一番大事な“間”の話。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.8

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

49

未指定

76

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください