フィンランドの教育はなぜ世界一なのか

新潮新書

岩竹 美加子

2019年6月17日

新潮社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

人口約五五〇万人、小国ながらもPISA(一五歳児童の学習到達度国際比較)で、多分野において一位を獲得、近年は幸福度も世界一となったフィンランド。その教育を我が子に受けさせてみたら、入学式も、運動会も、テストも、制服も、部活も、偏差値もなかった。小学校から大学まで無償、シンプルで合理的な制度、人生観を育む独特の授業…AI時代に対応した理想的な教育の姿を示す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.33

読みたい

13

未読

1

読書中

2

既読

30

未指定

51

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

wata

フィンランドから日本の教育が学ぶべき点は多い

starstarstarstar 4.0 2019年09月27日

フィンランドでは、高校までに、いかに学ぶかを学ぶ。大学は先生に教えてもらう場ではなく、自立して自主的に学ぶ場であると言う。ここが肝ではないか。 日本の教育は知識詰め込み偏重であり、学生からの「この知識は社会に出てから役に立つのか?ググれば分かることを、なぜ暗記する必要があるのか?」という問いに対して明確に答えられていない。フィンランドの教育から学ぶべき点は多いと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください