夢の宴

私の蕗谷虹児伝

阿刀田高

1991年1月1日

中央公論新社

1,281円(税込)

小説・エッセイ

大正・昭和を通じて、女性たちを熱狂させた挿絵画家蕗谷虹児。早熟なデビュー、パリのサロン・ドートンヌでの活躍、帰国後の更なる開花…。竹久夢二の頽廃の美とは異なる清冽な抒情画は、時代の象徴のように人びとの心に生きる。一代の流行児の波瀾の生涯を克明にたどり、新境地をひらく長篇伝記小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください