ベルギ-公使夫人の明治日記

エリアノ-ラ・メアリ・ダヌタン / 長岡祥三

1992年10月1日

中央公論新社

2,669円(税込)

人文・思想・社会

長く外交団夫人の首席を務めた公使夫人の14年にわたる日本滞在記。日清・日露の両戦役に勝利し、条約改正を実現して日英同盟締結に至る、躍進する明治日本の政治・外交、社交界、文化・風俗の貴重な記録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください