後期万葉論

白川静

1995年3月23日

中央公論新社

2,136円(税込)

人文・思想・社会

万葉の世紀は文学史の上で一つの完結性を持っている。「古と今」という分期の視点を導入し、人麻呂以後の万葉歌の諸相とその精神の軌迹を描き、文学の動的な展開の姿を浮び上らせる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください