夜の走者

軒上泊

1996年10月7日

中央公論新社

2,082円(税込)

小説・エッセイ

秋の柔らかな陽光に包まれた兵庫埠頭に、冬木健司は立った。「夜の走者」-この海で不審な死を遂げた親友が遺した言葉。風が、11年ぶりに再会した未奈子の髪を揺らし、遠い日の光景を運んでくる…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください