綱淵謙錠

1996年12月10日

中央公論新社

4,164円(税込)

小説・エッセイ

風雲の幕末、軍事顧問団員として来日した仏人士官ブリュネは滅びゆく幕府軍に身を投じ、遙か箱館五稜郭まで戦い抜く…。義に生きた男の「侠血」を軸に真っ向から維新史に挑む、十年の歳月をかけた遺作。維新史を描く歴史文学の新たなる古典。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください