見なれた町に風が吹く

山田太一

1997年6月30日

中央公論新社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

37歳のキャリアOL香子と、人生の後半を迎えた男たちが、生きることの意味をもとめて賭けた夢ー。山田太一が熱い共感をこめて描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください