『空海の風景』を旅する

日本放送協会

2002年8月15日

中央公論新社

2,310円(税込)

人文・思想・社会

司馬遼太郎の最高傑作の舞台を訪ね、その思索のあとを導きとして「人類普遍の天才」空海の現代における意味を考える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください