一階でも二階でもない夜

回送電車2

堀江敏幸

2004年6月10日

中央公論新社

2,090円(税込)

小説・エッセイ

しだいに身体を縮めてどこでもないジオラマのなかに入り込んでいくようだったーこちら側との通路をかぎりなく曖昧に開いたままで。長短さまざま五十四篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください