夜の終焉(上)

堂場瞬一

2009年10月31日

中央公論新社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

父母を殺されたうえにいわれなき中傷を受けた真野亮介は、故郷・汐灘を捨て、深夜営業の喫茶店を営んでいた。ある早朝、店を訪れた少女が事故に遭い、意識不明に。彼女が携えていた地図を頼りに彼は二十年ぶりに、汐灘に向かう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.4

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

35

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください